2011年04月28日

何番煎じ・・

今日はすごーく久しぶりにNSF作りました。



途中で飽きて未完成だし、FF4のバトル1ってみんなチップチューンしてそうで何番煎じかわかんないですけど(^-^;;;

波形編集はノーマライズとフェードアウトだけです。
ビブラートも音量の減衰も2A03でできるんですよー。

結構前に楽譜起こしたやつに手を入れただけだったり(笑)

2010年10月18日

SPC作ってみた

前々から作ってみたかったSPCを作ってみました。
なんぞ?って言うと、SFC音源の音楽ファイルみたいなもんです。



やっぱりカノンです。
ちょうどMIDIもあるし。
調整不足ですけど、もう、限界です。
特に音階・・

音色作ってる間にエフェクトかけたりしてたら、音階がズレてしまってグズグズに(´・ω・`)
これでも相当気を使って直したんですけど・・
やっぱダメですね。聴いてて気持ち悪いです。

で、せっかくなんでNSFでも作ってみました。カノン。



どうよ?どうよ?どうなのよ?
和音がどうしても足りないです(笑)
そんなわけで、FDS音源も使ってます。
合計4和音です。
音色は2A03の矩形波に似せてますし、ビブラートも気を使って修正しました。
SPCよりは遙かに聴きやすいと思います(笑)

ついでに、もとのMIDIを大抵のWinXPに搭載されてるMIDI音源「Microsoft GS Wavetable SW Synth」でも録音してみました。



最後に、ずっと前にアップした波形レンダリングのも置いておきます。



聴き比べてみよ!!

2010年05月11日

MCK Wiki

先日、mck/mckcの最新版?を目にしました。たまたま。
名前を忘れてしまったので、mckで検索してたら、MCK Wikiを発見しました!
あれ?でもMCK Wikiって一度閉鎖したような・・?

そんなんで、チラチラ見てたら、NSFシーケンサにリンクが・・!
本気で恥ずかしかった('-`*)
なんでこんな辺鄙なブログが見つかってるのか・・
まず、それが恥ずかしい(笑)
その上、あんまり作る気が無いのが知れてるのがもう('-`*)

あ、結局mck/mckcの最新版てわけじゃなかったみたいです。
xpmckっての、どうやらppmckから派生したNSF以外にも対応したドライバだとか。

2008年04月18日

あきらめちゃダメだ。あきらめちゃダメだ。あきらめちゃダメだ。

もうね、T氏じゃなくていいと思うんだよね。
半角入力→全角入力→変換なんて面倒だし。

と言うことで、T氏・・・じゃなくてたぁぼたまがNSFを作る決心を・・!
今は解説サイトが少なくなってしまったので、自分が制作環境を入れるお手伝いをしました。
メッセで手取り足取り。・・・教えたかったけど自分もよくわかってなかったから悩みまくり(^-^;;;

MMLを書くのが面倒だから簡単に出力してくれるツールをあげたんですが、それが災いの種でした(笑)
ノートずれるし、ツールにバグがあったし・・
やっとコンパイルできてもmck/mckcだし・・
ppmck/ppmckcでコンパイルしようとするとエラー出てきちゃって・・
なんでだろーって悩んでたら、Mummlってcfgフォルダに設定ファイル入れるだけじゃダメなんですね。
そのあとコンパイラの設定しないとダメみたいです。
去年、再構築したのですっかり忘れてました。

そろそろシーケンサ作らないとですねー。
が、がんがります・・

2008年04月09日

お、便利じゃん

NSFを作ってました。MIDIMMLなるソフトを使って。
名前の通り、MIDIからmckc用のMMLに変換してくれるソフトです。
ヘッダをファイルに書いて、MIDIと一緒にMIDIMMLに通すだけ。
簡単ですねー。

実験にFF4のバトル1を作ってみました。
最近、2A03で鳴らしてみたいなーなんて思ってMIDIに楽譜をおこしてたんです。

前から名前は知ってたんですが、MMLを出力するなら自前でも作ったしいいやなんて思ってたんです。
ところが、結構自由に作れるみたいです。
てっきり音階だけ出力するもんだと思ってたんですが、ほかにもMIDIのプログラムチェンジにあわせてコマンドを出力してくれたりします。
うまくすれば、これだけで結構なところまで作れると思います。

ただ、もっとこったことをしたいって思うとこのソフトじゃむりですねー。
結局、ちまちまMML編集してます(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。